私達が​救いたいもの

介護福祉関係各位 

あはき医業関係各位

QOL向上プロジェクトにご理解・ご協力を

【プロジェクト発足の経緯】

 関係各位におかれましてはコロナ禍の渦中、何かと不安をお抱えの事と存じます。一方2024年には3人に1人が65歳以上の高齢化社会が目前ですが、現在の医療・介護制度下では多くの難民が生じることが懸念されます。このような状況に備えるため、ケアマネ様はじめ介護福祉関係の方々や国家資格を有する『AHK医業』の先生方のスキルや見識を結集して組織的かつ合理的に対応できる枠組みが必要であると考え、僭越ながら昨年、非営利の一般社団法人ケア・フロントを設立。この理念を実現させるため、QOL向上プロジェクトと称し、東洋医学に精通した医師の指導の下で通院困難な高齢者や障がい者をAHKの施術でケアする活動を始めました。

(AHK医業=按摩・鍼・灸による「あはき」医業を言い換えた独自の呼称)

【お願いに至る背景】

 歩行が困難な高齢者はマッサージを受けたくても通院までが一苦労。おまけに保健診療は同意書が通らず断念したケースが多々見受けられました。一方『AHK医業』の先生方は、このままでは益々仕事がやりにくくなるのではないかとの憂えがおありかもしれませんが、必要としている利用者がいる限りご活躍の場がなくなることはありません。そこでこのような”がっかり”を少しでも減らし、介護サービスの向上と『AHK医業』の発展のためにも、関係者が連携する必要があると考え、私たちがその繋ぎの役割を担うべくこのようなお願いに至った次第です。

【グルーピングのメリット】

  具体的には、施術のご要望があれば施術迄の段取りは勿論、一切の付帯業務を事務局がお引受けしますので、ご協力頂ける施術の先生方は都合の良い日時に治療と接客に専念して頂くだけで翌月には厚労省既定の応分の施術料が得られます。一方ケアマネ様や介護福祉関係の方々にはTASKALの協賛により、メッセージアプリで訪問治療サービスに容易にアクセスできる環境は勿論、ポストコロナ社会を見据えて利用者の治療情報をオンラインで逐次提供すること等により、業務負荷の軽減にお役立て頂く計画です。

 

【枠組みへの参加ご協力のお願い】

 心あるお医者様にはこの趣旨にご理解を頂き、指南役として既に参加頂いておりますが。関係各位におかれましては、高齢者の介護予防とQOL向上のためにも是非TASKAL会にご参加頂き、啓蒙・普及活動にご支援・ご協力賜りますよう心よりお願い申し上げます。

―――TASKAL会とは―――

※鍼灸マッサージより要介護・要支援の方々のQOL向上がこのプロジェクトの主な目的ですが、一般社団法人ケア・フロントがTASKALの協賛を得てこのプロジェクトを推進している経緯から、名称を「TASKAL会」としました。

※入会はLINEの公式アカウントからお友達登録するだけで、会の主旨にご賛同頂けるかたであればどなたでも気軽に参加できます。

入会によりTASKALへのLINEアクセスが容易になりますので、仕事上役立つ情報を容易に入手できるようになります。  

LINEお友達登録QRコード.jpg